サステナブルな相互関係

Chrono24の社会的責任

私たちには責任があります


成功した企業に課せられる大きな責任を、私たちは自覚しています。それは、ビジネスを行っている社会、隣人、環境に対する責任です。将来を踏まえた企業統治と、社会や環境への責任ある取り組みを通じたサステナブルな経営は、責任感のある相互関係に大きな付加価値を提供するものであると考えています。

多様性と均等待遇、公正化の取り組み

私たちの企業文化は常に、一人ひとりの特別な部分を見極め、ユニークな視点や経験を融合させ、敬意を持って交流を図ることを特徴としています。なぜなら、性別、宗教、年齢、民族、障害、性的アイデンティティの多様性が、寛容な文化を生み出すと確信しているからです。

そのため、私たちは雇用主としても、あらゆる差別に対して常に明確に発言し、一貫した判断を下してきました。2021年には応募方法を変更し、出願者の年齢や性別の情報提供を要求しなくなりました。このようにして、機会均等の基礎を築き、多様性や平等な扱いに対する姿勢を徐々に外部に伝えていきたいと考えています。そして将来的には、これらの価値観をより強固に社内に定着させるだけでなく、日々の仕事の中で実践していくために、さらなる施策を計画しています。

スタッフのキャリア成長を支援

私たちは、Chrono24のユニークさと成功を支えている人々、すなわちスタッフを信じています。彼らの情熱に加え、一人ひとりの技術や能力が、Chrono24を強くしています。Chrono24の未来を切り開く役目を担うのは、これらのスタッフに他なりません。だからこそ、私たちは常に従業員を育成し、彼らの成長を支援しています。

Chrono24のコンセプトである「Chrono24キャリア育成」における具体的なキャリアプロセスは、私たちの長期的な成長に欠かせないものです。従業員にオリエンテーションを行い、視野を広げ、自己啓発やキャリアプランを推進するモチベーションを作ります。社員、マネージャー、人材開発部門の共同対話の中で、可能性を見極め、開発目標を定義し、個人のキャリアプランの実施に具体的に貢献する施策を見出します。すべての成長プロセスには、継続的なフィードバックが伴います。だからこそ私たちは、社内外から求められるように、革新的に考え、創造的に設計し、勇気を持って挑戦し続けたいと思っています。

セキュリティとデータ保護、早い段階から考慮する

Chrono24のプラットフォームを確実に発展させるためには、潜在的なリスクを早期に発見することが重要だと確信しています。このため、さまざまな分野の専門家からなるチームが、開発プロセスの初期段階でデータ保護や情報セキュリティ要件を分析します。

お客様のデータについては、セキュリティが特に重要な役割を果たします。Chrono24の多くのスタッフは、日々、お客様のデータに直接触れています。お客様のデータを安全に取り扱うために、社内で専門チームを組み、これらのスタッフに対する特別なトレーニング、およびサポートを実施しています。

持続・再生可能なエネルギー

2021年、再生可能エネルギーへの最初の重要な一歩として、カールスルーエ本社では57%をグリーン電力に切り替えました。
Chrono24のサプライヤーは、TÜV Nordを始めとする様々な機関の認証を受けています。電力の70%以上は新しい発電所から供給され、発電時にCO₂を排出せず、サプライヤーは原子力や石炭会社の株式を保有していません。また、電力会社は新しいエコ発電所の建設を積極的に支援しています。

IT・EC企業であるChrono24にとって、電力エネルギーは最も重要な資源の一つです。そのため、初期契約をグリーン電力に変更したことは、より持続可能な企業になるための決定的なステップでした。2022年には、本社を完全にグリーン電力に切り替え、電力を再生可能エネルギーのみで賄うという野心的な目標を掲げています。

環境、社会、コーポレートガバナンスに関する弊社の活動についての第1回目のレポート。

ESGレポート 2021

Show all jobs